咳痰.COM
乾いた咳 痰の絡む咳 しつこく痰が絡む 色つき痰[黄・緑] 息切れ 喘息(ぜんそく)
咳痰.COM > 咳・痰の病気 > 気管支拡張症の治療法:痰を溜めぬよう薬物治療で炎症を治める サイトマップ
 

咳・痰の生じる症状
 ・咳(せき)と痰(たん)
 ・乾いた咳(痰が絡まない咳)
 ・湿った咳(痰の伴なう咳)
 ・咳失神(せきしっしん)
 ・痰が絡む
 ・黄色い痰(半透明・緑・赤色の痰)
 ・血痰(喫煙者の場合)
 ・息切れ(呼吸困難)
 ・喘鳴(ぜんめい)
 ・いびき

咳痰.COM
 

 ・肺ガン @中心型 A末梢型
   ・治療法の選択方法
    @外科治療 A内的治療
   ・肺ガン患者の日常の注意点
 ・風邪症候群
    @普通感冒 Aインフルエンザ
    B急性気管支炎
   ・診断・検査法
   ・薬物療法   ・一般療法
   ・予防方法・生活上の注意
 ・肺炎
   ・肺炎の分類と原因細菌
   ・定型肺炎非定型肺炎の特徴
   ・診察・検査法   ・治療法
   ・肺炎の予防・早期対策
 ・気管支ぜんそく ・主な症状
   ・診断と検査 ・日常の注意点
   ・喘息発作の仕組み
   ・発作時の対処法 ・自己管理
 ・間質性肺炎(肺線維症)
   @薬剤性肺炎 A過敏性肺炎
   ・起こる仕組み  ・症状
   ・検査法  ・治療法
 ・膠原病肺
   ・種類 ・肺疾患の特徴
   ・膠原病肺が起こす肺の病気
   ・診断と治療
 ・慢性閉塞性肺疾患(COPD)
   @慢性気管支炎 A肺気腫
   ・症状 ・問診方法 ・検査方法
   ・治療方法
    @薬物療法 A呼吸リハビリ
    B在宅酸素療法 C手術療法
   ・生活上の注意点
 ・気管支拡張症
   ・症状と経過 ・検査と診断
   ・治療法   ・日常生活の注意
 ・びまん性汎細気管支炎
 ・肺結核
   ・患者増加と重症化の原因
   ・感染・発病する傾向の人
   ・経過:感染〜発病 ・主な症状
    @「感染」検査 A「発病」検査
   ・治療法 ・予防法と早期発見法
 ・自然気胸
  ・検査 ・内科的療法 ・手術療法
 ・睡眠時無呼吸症候群
  ・症状と経過   ・起こる仕組み
  ・検査と診断法  ・治療法
  ・日常生活の注意点
 ・非定型抗酸菌症
 ・呼吸不全  ・肺塞栓症
 ・サルコイドーシス(肉芽種)
 ・肺胞タンパク症  ・塵肺
 ・肺水腫 ・肺高血圧症
 ・過換気症候群

咳痰.COM
 

呼吸器の検査法
 画像診断

  @エックス線撮影検査
   >>検査方法 >>撮影の注意点
  ACT検査   BMRI検査
  Cシンチグラフィー検査
  DPET(ポジトロンCT)検査

 肺機能検査
  @肺活量検査 A残気量検査
  B動脈血ガス C肺拡散能検査
 ・喀痰検査

 ・内視鏡検査
  @胸腔鏡検査  A気管支鏡検査
 ・血液検査  ・胸水検査・肺生検

 

呼吸器の家庭医療・生活療法
 ・正しい薬剤の吸入方法
 ・呼吸リハビリテーション
   ・ リラクセーション
   ・腹式呼吸・横隔膜呼吸
   ・排痰法   ・運動療法
 ・在宅酸素療法
   ≫在宅酸素療法の行い方
 ・在宅人工呼吸療法

気管支拡張症の治療法:痰を溜めぬよう薬物治療で炎症を治める

- 咳・痰の主な病気(肺結核)

気管支拡張症の治療法:痰を溜めぬよう薬物治療で炎症を治める

 「急性気道感染症(キュウセイキドウカンセンショウ)」であれば、原因となっている病原菌を排除すれば、気道の炎症も治まります。しかしながら、慢性気道感染症の場合には、病原菌を排除する防御機構そのものが破綻しているため、病原菌を殺菌したとしても、また別の菌に感染してしまうという追いかけっこ状態となってしまいます。したがって、気管支拡張症の治療では、病原菌を排除するよりも、気管支に慢性的に生じている炎症を抑えて、病原菌感染を起こしやすい状況を改善することが重要になってきます。
 そうした、病原菌の感染を起こしやすい状況を改善するという具体的な方法としては、次のような治療法があります。

 

体位排痰法

 感染の慢性化を抑えるためには、痰(タン)を排除することが重要です。そこで、痰(タン)を吐き出しやすい体位(拡張がある部位を高くした体位)をとって、手やバイブレーターで胸や背中を刺激し、痰(タン)を出す「体位排痰法(体位ドレナージ)」を行います。「体位排痰法(体位ドレナージ)」は1日に2〜4回、起床後と就寝前に必ず行います。慣れてくると、どういう体位をとれば最も痰(タン)が出やすいのか自然にわかってくるでしょう。
 「体位排痰法(体位ドレナージ)」の具体的な方法としては、下半身の方を高くしたり、頭の方を低くしたりする姿勢をとることで、気管支に溜まった痰(タン)が、気管から喉(ノド)の方へ動きやすくし、排出を図るということです。各自の痰(タン)が溜まりやすい部位に応じて、あおむけになったり、うつ伏せになったり、あるいは右または左を下にしたりする姿勢をとります。このときには、背中や胸を軽く叩いてもらったり、バイブレーターなどで振動を加えると、効果的です。いくつかの方法を組み合わせて、30分ほど行います。特に就寝中に痰(タン)が溜まりやすいので、朝晩の排痰は欠かせません。

 

薬物療法

 気管支の炎症を抑えるためには、「エリスロマイシン」などの抗生物質を、少量ずつ長期的に服用する治療も行われます。元来からエリスロマイシンは抗菌薬ですが、近年、エリスロマイシンには、気道粘膜からの分泌液を抑制して、痰(タン)の量を減らしたり、粘膜の炎症そのものを抑える作用のあることが判明したのです。エリスロマイシンは、住み着いた細菌を殺菌するためではなく、気管支の状態をコントロールするために用いる薬剤ですので、少量を継続して飲み続ける必要があるのです。
 エリスロマイシンのほかには、痰(タン)を出しやすくするための「去痰薬」なども用いられます。また、風邪(カゼ)などをひいたときには、急性増悪(急に病状が著しく悪くなること)を防ぐために、抗生物質を1週間ほど集中的に用います。

 

外科的手術

 子供のころの肺感染症などが原因で起こっているもので、気管支の拡張が1ヵ所だけに限られている場合は、その部分の肺を切除する手術が行われることもあります。

 

≫次の記事「気管支拡張症の日常生活の注意点:風邪予防に努め、喫煙など痰を増やすことは避ける」へ

 


◆呼吸器科の病気の基本◆
呼吸器科でよくある質問・疑問
 ・喫煙者(タバコ家)がかかる病気
 ・子どもがよくかかる呼吸器の病気
 ・子どもの症状の見方・捉え方

呼吸器の診察

 ・問診(症状の要点)(症状以外)
 ・聴診・打診・視診
◆呼吸器の基礎知識◆
呼吸器系全体の仕組みと機能
 ・仕組みと働き ・全体像  ・構造
 ・高齢者の呼吸器の特徴
 ・乳幼児の呼吸器の特徴

呼吸器系の各器官の働き
 ・気道の働き  ・肺胞の働き
 ・呼吸運動の働き
◆喉(ノド)の症状◆
 ・喉が痛い  ・喉が腫れる
 ・喉に乾燥感 ・咳が出る
 ・異物感・物が飲み込みにくい
 ・異物誤飲・喉が詰まる
 ・声がかすれる・声が出しにくい
 ・舌がただれる・舌がしみる
 ・いびきをかく[無呼吸症候群]
 ・味がわからない[味覚障害]
 ・口臭(こうしゅう)が酷い
 ・舌に白いもの(白苔)が出る
 ・あごや顔の出もの・腫れもの
 ・口内炎(こうないえん)ができた

胃の具合が悪い

 ・胸の痛みと胃の異常感
 ・頻繁に吐き気と嘔吐感
 ・胃がヒクヒクする(胃痛は無い)
 ・お腹(脇腹)に発疹
◆胃腸の症状◆
口腔〜食道の悩み
 ・ゲップが詰まる
 ・おヘソの痛みとしつこいゲップ
 ・歯磨き時に吐き気
 ・口臭が酷い ・口角のびらん
 ・口腔の渇きと飲み込み難い
 ・つかえ感 ・みぞおちのつかえ感
 ・痰や咳、喉詰まり
 ・カプセル薬剤の喉(食道)に詰まり
 ・飲酒後の吐血(激しい嘔吐)

◆鼻の症状◆

 ・鼻水が止まらない 
 ・くしゃみが出る
 ・鼻水が喉(のど)を流れる
 ・鼻詰まり ・鼻が乾く
 ・鼻血が出る  ・鼻が痛い
 ・においがわからない[嗅覚障害]

RSS

花粉症・鼻水
花粉症・アレルギー全般の対策や花粉症の気になる症状の対策・情報まとめサイト
hanamiju.com/kafun

喘息(ぜんそく)
風邪(かぜ)・喘息(ぜんそく)などの各病状対策や喘息の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com/zensoku

花粉症・喉痛
花粉症・花粉に係る鼻炎などの対策や花粉症の気になる症状の対策・情報まとめサイト
nodoita.com/kafun
本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・