咳痰.COM
乾いた咳 痰の絡む咳 しつこく痰が絡む 色つき痰[黄・緑] 息切れ 喘息(ぜんそく)
咳痰.COM > 咳・痰の病気 > 喘息発作の薬物治療:吸入ステロイド薬の継続的な使用で喘息 サイトマップ
 

咳・痰の生じる症状
 ・咳(せき)と痰(たん)
 ・乾いた咳(痰が絡まない咳)
 ・湿った咳(痰の伴なう咳)
 ・咳失神(せきしっしん)
 ・痰が絡む
 ・黄色い痰(半透明・緑・赤色の痰)
 ・血痰(喫煙者の場合)
 ・息切れ(呼吸困難)
 ・喘鳴(ぜんめい)
 ・いびき

咳痰.COM
 

 ・肺ガン @中心型 A末梢型
   ・治療法の選択方法
    @外科治療 A内的治療
   ・肺ガン患者の日常の注意点
 ・風邪症候群
    @普通感冒 Aインフルエンザ
    B急性気管支炎
   ・診断・検査法
   ・薬物療法   ・一般療法
   ・予防方法・生活上の注意
 ・肺炎
   ・肺炎の分類と原因細菌
   ・定型肺炎非定型肺炎の特徴
   ・診察・検査法   ・治療法
   ・肺炎の予防・早期対策
 ・気管支ぜんそく ・主な症状
   ・診断と検査 ・日常の注意点
   ・喘息発作の仕組み
   ・発作時の対処法 ・自己管理
 ・間質性肺炎(肺線維症)
   @薬剤性肺炎 A過敏性肺炎
   ・起こる仕組み  ・症状
   ・検査法  ・治療法
 ・膠原病肺
   ・種類 ・肺疾患の特徴
   ・膠原病肺が起こす肺の病気
   ・診断と治療
 ・慢性閉塞性肺疾患(COPD)
   @慢性気管支炎 A肺気腫
   ・症状 ・問診方法 ・検査方法
   ・治療方法
    @薬物療法 A呼吸リハビリ
    B在宅酸素療法 C手術療法
   ・生活上の注意点
 ・気管支拡張症
   ・症状と経過 ・検査と診断
   ・治療法   ・日常生活の注意
 ・びまん性汎細気管支炎
 ・肺結核
   ・患者増加と重症化の原因
   ・感染・発病する傾向の人
   ・経過:感染〜発病 ・主な症状
    @「感染」検査 A「発病」検査
   ・治療法 ・予防法と早期発見法
 ・自然気胸
  ・検査 ・内科的療法 ・手術療法
 ・睡眠時無呼吸症候群
  ・症状と経過   ・起こる仕組み
  ・検査と診断法  ・治療法
  ・日常生活の注意点
 ・非定型抗酸菌症
 ・呼吸不全  ・肺塞栓症
 ・サルコイドーシス(肉芽種)
 ・肺胞タンパク症  ・塵肺
 ・肺水腫 ・肺高血圧症
 ・過換気症候群

咳痰.COM
 

呼吸器の検査法
 画像診断

  @エックス線撮影検査
   >>検査方法 >>撮影の注意点
  ACT検査   BMRI検査
  Cシンチグラフィー検査
  DPET(ポジトロンCT)検査

 肺機能検査
  @肺活量検査 A残気量検査
  B動脈血ガス C肺拡散能検査
 ・喀痰検査

 ・内視鏡検査
  @胸腔鏡検査  A気管支鏡検査
 ・血液検査  ・胸水検査・肺生検

 

呼吸器の家庭医療・生活療法
 ・正しい薬剤の吸入方法
 ・呼吸リハビリテーション
   ・ リラクセーション
   ・腹式呼吸・横隔膜呼吸
   ・排痰法   ・運動療法
 ・在宅酸素療法
   ≫在宅酸素療法の行い方
 ・在宅人工呼吸療法

喘息発作の薬物治療:吸入ステロイド薬の継続的な使用で喘息発作をコントロール

- 咳痰の病気(気管支ぜんそく)

喘息発作の薬物治療:吸入ステロイド薬の継続的な使用で喘息発作をコントロール - 咳・痰の病気(気管支ぜんそく) - 咳痰.COM

≪前ページ「喘息発作時の対処法:落ち着いて医師から指示された薬剤を用いて症状判定」へ

喘息発作の薬物治療

 従来の喘息(ゼンソク)治療は、狭くなった気道を拡張させることで、喘息発作を緩和する対症療法が中心でした。しかしながら、近年では、一歩進んで、慢性的に生じている炎症を鎮静させて、気道の過敏性を改善し、喘息発作そのものを予防することに重点が置かれるようになりました。そうしたことから、現在では、喘息発作を鎮める薬剤とともに、気道の炎症を鎮める「長期管理薬」を継続的に用いて、病気をコントロールしていく治療が一般的となっております。
 具体的には、下記のような薬剤が用いられています。以下、「吸入ステロイド薬」「徐放性テオフィリン」「気管支拡張薬」「抗アレルギー薬」「抗コリン薬」の順に詳しく説明していきましょう。

吸入ステロイド薬

 「吸入ステロイド薬」を用いた治療法とは、抗炎症薬の一種であるステロイド薬を、スプレー式の吸入器を使用して、直接的に気道に噴霧(フンム)するものです。炎症の鎮静に大変効果があり、喘息(ゼンソク)の長期管理薬として広く用いられております。吸入ステロイド薬において、吸入する量や回数は、喘息(ゼンソク)の重症度によって異なります。一般的には、スプレー式(エアロゾル)で、吸入補助器具(スペーサー)を用いて、1日2〜4回の吸入を毎日継続的に行っていきますが、近年には、1日2回の吸入で済むドライパウダー(粉末)タイプも使われるようになりました。

 

徐放性テオフィリン

 「徐放性テオフィリン」は、気管支の平滑筋(ヘイカツキン)や粘膜を拡張する薬剤です。効果が長期間にわたって持続するために、夜間に起こりやすい喘息発作を予防するのに大変に有効です。吸入ステロイド薬と併用することで、ステロイド薬の量を減らすことができるため、補助薬として広く一般に使用されております。

気管支拡張薬

 「気管支拡張薬」とは。喘息発作時に用いる薬剤です。現在では、最もよく用いられているのは「β2刺激薬」の吸入薬です。交感神経に働きかけて、気管支の平滑筋(ヘイカツキン)を素早く拡張させ、喘息発作を鎮める作用があります。β2刺激薬は、喘息発作予防のために用いられることもあります。吸入ステロイド薬と併せて、β2刺激薬の経口薬を継続的に行うことで、喘息発作を予防する効果が向上します。

抗アレルギー薬

 「抗アレルギー薬」とは、アレルギー反応により放出されるヒスタミンや、産生遊離されるロイコトリエン、トロンボキサンなどの炎症因子の作用を抑える薬剤です。今のところ吸入ステロイド薬ほどの効果は認められていませんが、近年では、新しい抗アレルギー薬が続々と開発されております。

抗コリン薬

 「抗コリン薬」とは、副交感神経の働きを抑制することで、気管支の収縮を抑える薬剤です。作用時間が長期間にわたって持続し、やはり喘息発作の予防薬として広く用いられております。

薬剤の扱い方

 医師は、一般的には、患者さんの重症度や生活形態なども考慮に入れ、その患者さんに合うと思われる薬剤を処方いたします。その後も、病状の変化を観察しながら、種類や量を調整していきます。もしも医師の処方に不安や疑問などがあれば、医師に正直に伝えることが大切でしょう。勝手に服用を中止したり量を減らしたりすると、正しい治療が行えずに、病気の悪化にもつながります。

 

≫次の記事「喘息発作の予防治療:原因を取り除き、身体鍛錬で喘息発作を起こりにくい体質に」へ

◇「咳痰の病気(気管支ぜんそく)」の関連ページ◇


◆呼吸器科の病気の基本◆
呼吸器科でよくある質問・疑問
 ・喫煙者(タバコ家)がかかる病気
 ・子どもがよくかかる呼吸器の病気
 ・子どもの症状の見方・捉え方

呼吸器の診察

 ・問診(症状の要点)(症状以外)
 ・聴診・打診・視診
◆呼吸器の基礎知識◆
呼吸器系全体の仕組みと機能
 ・仕組みと働き ・全体像  ・構造
 ・高齢者の呼吸器の特徴
 ・乳幼児の呼吸器の特徴

呼吸器系の各器官の働き
 ・気道の働き  ・肺胞の働き
 ・呼吸運動の働き
◆喉(ノド)の症状◆
 ・喉が痛い  ・喉が腫れる
 ・喉に乾燥感 ・咳が出る
 ・異物感・物が飲み込みにくい
 ・異物誤飲・喉が詰まる
 ・声がかすれる・声が出しにくい
 ・舌がただれる・舌がしみる
 ・いびきをかく[無呼吸症候群]
 ・味がわからない[味覚障害]
 ・口臭(こうしゅう)が酷い
 ・舌に白いもの(白苔)が出る
 ・あごや顔の出もの・腫れもの
 ・口内炎(こうないえん)ができた

胃の具合が悪い

 ・胸の痛みと胃の異常感
 ・頻繁に吐き気と嘔吐感
 ・胃がヒクヒクする(胃痛は無い)
 ・お腹(脇腹)に発疹
◆胃腸の症状◆
口腔〜食道の悩み
 ・ゲップが詰まる
 ・おヘソの痛みとしつこいゲップ
 ・歯磨き時に吐き気
 ・口臭が酷い ・口角のびらん
 ・口腔の渇きと飲み込み難い
 ・つかえ感 ・みぞおちのつかえ感
 ・痰や咳、喉詰まり
 ・カプセル薬剤の喉(食道)に詰まり
 ・飲酒後の吐血(激しい嘔吐)

◆鼻の症状◆

 ・鼻水が止まらない 
 ・くしゃみが出る
 ・鼻水が喉(のど)を流れる
 ・鼻詰まり ・鼻が乾く
 ・鼻血が出る  ・鼻が痛い
 ・においがわからない[嗅覚障害]

RSS

花粉症・鼻水
花粉症・アレルギー全般の対策や花粉症の気になる症状の対策・情報まとめサイト
hanamiju.com/kafun

喘息(ぜんそく)
風邪(かぜ)・喘息(ぜんそく)などの各病状対策や喘息の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com/zensoku

花粉症・喉痛
花粉症・花粉に係る鼻炎などの対策や花粉症の気になる症状の対策・情報まとめサイト
nodoita.com/kafun
本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・