咳痰.COM
乾いた咳 痰の絡む咳 しつこく痰が絡む 色つき痰[黄・緑] 息切れ 喘息(ぜんそく)
咳痰.COM > 咳・痰の病気 > 睡眠時無呼吸症候群の治療法:気道閉塞を防ぐ治療のため鼻 サイトマップ
 

咳・痰の生じる症状
 ・咳(せき)と痰(たん)
 ・乾いた咳(痰が絡まない咳)
 ・湿った咳(痰の伴なう咳)
 ・咳失神(せきしっしん)
 ・痰が絡む
 ・黄色い痰(半透明・緑・赤色の痰)
 ・血痰(喫煙者の場合)
 ・息切れ(呼吸困難)
 ・喘鳴(ぜんめい)
 ・いびき

咳痰.COM
 

 ・肺ガン @中心型 A末梢型
   ・治療法の選択方法
    @外科治療 A内的治療
   ・肺ガン患者の日常の注意点
 ・風邪症候群
    @普通感冒 Aインフルエンザ
    B急性気管支炎
   ・診断・検査法
   ・薬物療法   ・一般療法
   ・予防方法・生活上の注意
 ・肺炎
   ・肺炎の分類と原因細菌
   ・定型肺炎非定型肺炎の特徴
   ・診察・検査法   ・治療法
   ・肺炎の予防・早期対策
 ・気管支ぜんそく ・主な症状
   ・診断と検査 ・日常の注意点
   ・喘息発作の仕組み
   ・発作時の対処法 ・自己管理
 ・間質性肺炎(肺線維症)
   @薬剤性肺炎 A過敏性肺炎
   ・起こる仕組み  ・症状
   ・検査法  ・治療法
 ・膠原病肺
   ・種類 ・肺疾患の特徴
   ・膠原病肺が起こす肺の病気
   ・診断と治療
 ・慢性閉塞性肺疾患(COPD)
   @慢性気管支炎 A肺気腫
   ・症状 ・問診方法 ・検査方法
   ・治療方法
    @薬物療法 A呼吸リハビリ
    B在宅酸素療法 C手術療法
   ・生活上の注意点
 ・気管支拡張症
   ・症状と経過 ・検査と診断
   ・治療法   ・日常生活の注意
 ・びまん性汎細気管支炎
 ・肺結核
   ・患者増加と重症化の原因
   ・感染・発病する傾向の人
   ・経過:感染〜発病 ・主な症状
    @「感染」検査 A「発病」検査
   ・治療法 ・予防法と早期発見法
 ・自然気胸
  ・検査 ・内科的療法 ・手術療法
 ・睡眠時無呼吸症候群
  ・症状と経過   ・起こる仕組み
  ・検査と診断法  ・治療法
  ・日常生活の注意点
 ・非定型抗酸菌症
 ・呼吸不全  ・肺塞栓症
 ・サルコイドーシス(肉芽種)
 ・肺胞タンパク症  ・塵肺
 ・肺水腫 ・肺高血圧症
 ・過換気症候群

咳痰.COM
 

呼吸器の検査法
 画像診断

  @エックス線撮影検査
   >>検査方法 >>撮影の注意点
  ACT検査   BMRI検査
  Cシンチグラフィー検査
  DPET(ポジトロンCT)検査

 肺機能検査
  @肺活量検査 A残気量検査
  B動脈血ガス C肺拡散能検査
 ・喀痰検査

 ・内視鏡検査
  @胸腔鏡検査  A気管支鏡検査
 ・血液検査  ・胸水検査・肺生検

 

呼吸器の家庭医療・生活療法
 ・正しい薬剤の吸入方法
 ・呼吸リハビリテーション
   ・ リラクセーション
   ・腹式呼吸・横隔膜呼吸
   ・排痰法   ・運動療法
 ・在宅酸素療法
   ≫在宅酸素療法の行い方
 ・在宅人工呼吸療法

睡眠時無呼吸症候群の治療法:気道閉塞を防ぐ治療のため鼻から空気を送り込む

- 咳痰の病気(睡眠時無呼吸症候群)

睡眠時無呼吸症候群の治療法:気道閉塞を防ぐ治療のため鼻から空気を送り込む - 咳・痰の病気(睡眠時無呼吸症候群) - 咳痰.COM

≪前ページ「睡眠時無呼吸症候群の検査と診断法:正確な確定診断には入院で睡眠時ポリグラフ検査」へ

 睡眠時無呼吸症候群の治療法は、睡眠中の無呼吸や低酸素血症の程度、症状の重さ、合併症の有無などを確認し、睡眠時無呼吸症候群の重症度に応じて選択されます。具体的には、下記のことから治療法の選択を進めます。以下で、「ダイエット(肥満の場合)」「薬物療法」「装具療法」「外科的治療法」「経鼻的持続陽圧呼吸法(CPAP)」の順に詳細に説明していきましょう。

ダイエット(肥満の場合)

 無呼吸指数(睡眠1時間ごとに認められる無呼吸の回数)が、20/時間以下の比較的軽度の睡眠時無呼吸症候群の場合には、患者さんが肥満であれば、まずは減量(ダイエット)を行います。

薬物療法

 睡眠時無呼吸症候群の薬物療法としては、呼吸中枢を刺激する薬剤が用いられます。プロゲステロン(黄体ホルモン)の効果がかなり検討されましたが、その有効性は証明されておりません。炭酸脱水酵素抑制薬のアセタゾラミドは、睡眠時無呼吸症候群の治療薬として健康保険が適用されますが、長期間にわたって飲み続けてしまうと副作用の危険性が増大しますし、効果も十分とは言えないのです。
 睡眠時無呼吸症候群の原因として、甲状腺機能低下症など、基礎疾患がある場合には、それに対する薬物治療を並行して行います。

装具療法

 睡眠時無呼吸症候群で閉塞型無呼吸のある患者さんでは、上気道(鼻腔[ビクウ]から喉頭[コウトウ]までの呼吸系の部位)の形態が健康な患者さんと比較して、狭くなっていることがあります。そこで、睡眠中に下顎(アゴ)や舌を前方に押し出すように固定する歯科装具を装着すると、いびきや無呼吸が軽減するという研究報告が出されています。この装具は、個々の患者さんの歯形に合わせて作成していきます。しかしながら、重症の睡眠時無呼吸症候群の患者さんに対しては、この治療法の有効性は十分ではありません。

外科的治療法

 幼少児の睡眠時無呼吸症候群の場合には、口蓋扁桃(コウガイヘントウ)や咽頭扁桃(イントウヘントウ)の摘出手術が行われ、優れた効果が研究報告として出されています。「気管切開」手術は、閉塞型睡眠時無呼吸症候群に対して最も有効な治療法なのですが、現在では、致命的な合併症のある重症例で、ほかに有効な治療法が無い場合にのみ行います。
 成人の睡眠時無呼吸症候群の場合には、口蓋扁桃の肥大、軟口蓋の長さ、肥満の程度、鼻閉(鼻づまり)などについて考慮し、改善が期待できる患者さんには「扁桃摘出手術」や「鼻ポリープ切除手術」などを行います。「口蓋垂(コウガイスイ)・口蓋咽頭(コウガイイントウ)形成手術」は、口蓋垂や口腔(コウクウ)・咽頭(イントウ)の無駄な組織を切除して縫い縮める手術方法で、当時非常に注目され、広く実施されました。確かに手術の直後には効果が認められますが、半年間、1年間と経過する間に再発する症例もあり、その有効率は5割程度です。

経鼻的持続陽圧呼吸法(CPAP)

 現在、睡眠時無呼吸症候群に対して最も有効な治療法として、欧米を中心に選択されている治療法が、「経鼻的持続陽圧呼吸法(CPAP)」です。日本に関しても、経鼻的持続陽圧呼吸法(CPAP)には健康保険が適用されており、劇的な効果を見せております。この装置は、睡眠中に鼻につけたマスクから持続的に空気を流して気道を広げる圧力(陽圧)をかけ、息を吸うときに気道が閉塞することを防ぐものです。個々の患者さんごとに睡眠ポリグラフ検査の記録に基づいて、有効な適正な圧力を設定します。
 経鼻的持続陽圧呼吸法(CPAP)の効果は非常に顕著で、治療をはじめたときから無呼吸が消失し、熟睡することが可能です。しかしながら、なかには、装着に伴う不快感、圧迫感、鼻粘膜の乾燥、刺激などを訴え、この治療法になじまない患者さんもおられます。近年では、装置の改良が進み、携帯できるように配慮もされてきています。しかしながら、その原因を治療する方法ではないため、長期間にわたって毎晩実施する必要があるのです。

 

≫次の記事「睡眠時無呼吸症候群の日常生活の注意点:肥満を解消し、睡眠前の飲酒や薬物使用は禁止」へ

◇「咳痰の病気(睡眠時無呼吸症候群)」の関連ページ◇


◆呼吸器科の病気の基本◆
呼吸器科でよくある質問・疑問
 ・喫煙者(タバコ家)がかかる病気
 ・子どもがよくかかる呼吸器の病気
 ・子どもの症状の見方・捉え方

呼吸器の診察

 ・問診(症状の要点)(症状以外)
 ・聴診・打診・視診
◆呼吸器の基礎知識◆
呼吸器系全体の仕組みと機能
 ・仕組みと働き ・全体像  ・構造
 ・高齢者の呼吸器の特徴
 ・乳幼児の呼吸器の特徴

呼吸器系の各器官の働き
 ・気道の働き  ・肺胞の働き
 ・呼吸運動の働き
◆喉(ノド)の症状◆
 ・喉が痛い  ・喉が腫れる
 ・喉に乾燥感 ・咳が出る
 ・異物感・物が飲み込みにくい
 ・異物誤飲・喉が詰まる
 ・声がかすれる・声が出しにくい
 ・舌がただれる・舌がしみる
 ・いびきをかく[無呼吸症候群]
 ・味がわからない[味覚障害]
 ・口臭(こうしゅう)が酷い
 ・舌に白いもの(白苔)が出る
 ・あごや顔の出もの・腫れもの
 ・口内炎(こうないえん)ができた

胃の具合が悪い

 ・胸の痛みと胃の異常感
 ・頻繁に吐き気と嘔吐感
 ・胃がヒクヒクする(胃痛は無い)
 ・お腹(脇腹)に発疹
◆胃腸の症状◆
口腔〜食道の悩み
 ・ゲップが詰まる
 ・おヘソの痛みとしつこいゲップ
 ・歯磨き時に吐き気
 ・口臭が酷い ・口角のびらん
 ・口腔の渇きと飲み込み難い
 ・つかえ感 ・みぞおちのつかえ感
 ・痰や咳、喉詰まり
 ・カプセル薬剤の喉(食道)に詰まり
 ・飲酒後の吐血(激しい嘔吐)

◆鼻の症状◆

 ・鼻水が止まらない 
 ・くしゃみが出る
 ・鼻水が喉(のど)を流れる
 ・鼻詰まり ・鼻が乾く
 ・鼻血が出る  ・鼻が痛い
 ・においがわからない[嗅覚障害]

RSS

花粉症・鼻水
花粉症・アレルギー全般の対策や花粉症の気になる症状の対策・情報まとめサイト
hanamiju.com/kafun

喘息(ぜんそく)
風邪(かぜ)・喘息(ぜんそく)などの各病状対策や喘息の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com/zensoku

花粉症・喉痛
花粉症・花粉に係る鼻炎などの対策や花粉症の気になる症状の対策・情報まとめサイト
nodoita.com/kafun
本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・