感染症と咳痰.COM
乾いた咳 痰の絡む咳 しつこく痰が絡む 色つき痰[黄・緑] 風邪(かぜ) 喘息(ぜんそく)
咳痰 > 感染症 > 海外での感染症:いまだ感染症は存在し、事前に検疫所のHPなどで調べたりすることが大切 サイトマップ
 

日常・介護で注意すべき感染症
 ・結核(ケッカク)
 ・風邪インフルエンザ
 ・疥癬(カンセン)
 ・肝炎 (ウイルス肝炎の種類
 ・MRSA(耐性黄色ブドウ球菌)
 ・食中毒
   ≫O-157(腸管出血性大腸菌)
   ≫SRSV(少型球形ウイルス)

注目されている感染症

 ・ノロウイルス
   ≫伝播経路適切な処理方法
 ・SARS(サーズ)
 ・院内感染老人養護施設内
 ・食中毒食中毒の細菌
 ・プリオン病
 ・新型インフルエンザ
   @インフルエンザ伝播方法
   Aタミフル(抗ウイルス剤)
    ≫鳥インフルエンザウイルス ・スペイン風邪

海外(途上国)での感染症
 ・蚊媒介感染症  ・狂犬病

感染症ワクチン

  @麻疹ワクチン A風疹ワクチン
    ≫野生株の追加免疫効果

 

感染症の基礎知識
 [1]人間と動物の感染の違い 
 [2]感染を広げる人間特有の行為
 [3]人間特有の伝播と遮断
 [4]ホコリ・飛沫感染の違い
 [5]呼吸時の肺胞と感染の仕組み
 ・ウイルス伝播のメカニズム
  @空気伝播の病(水痘・麻疹)
  Aウイルスの性質・性格
  Bヒトウイルス伝染病

感染症と予防法の歴史
 ・産業革命と感染症対策の発達
   @産業革命と水洗トイレ
   A産業革命後の上下水道
     ≫スノーの『コレラ理論』
 ・塩素消毒
   @日本での活用法
   A安全な活用法・濃度
 ・空気感染症(天然痘・結核)
   @工場労働者の結核
   A文明社会と感染予防
 ・アレルギー病と清潔仮説
 ・疫学調査の体制

 

咳・痰の生じる症状
 ・咳(せき)と痰(たん)
 ・乾いた咳(痰が絡まない咳)
 ・湿った咳(痰の伴なう咳)
 ・咳失神(せきしっしん)
 ・痰が絡む
 ・黄色い痰(半透明・緑・赤色の痰)
 ・血痰(喫煙者の場合)
 ・息切れ(呼吸困難)
 ・喘鳴(ぜんめい)
 ・いびき

咳痰.COM
 

 ・肺ガン 
 ・風邪症候群
    @普通感冒 Aインフルエンザ
    B急性気管支炎
 ・肺炎
   ・定型肺炎非定型肺炎
 ・気管支ぜんそく
 ・間質性肺炎(肺線維症)
   @薬剤性肺炎 A過敏性肺炎
 ・膠原病肺
 ・慢性閉塞性肺疾患(COPD)
   @慢性気管支炎 A肺気腫
 ・気管支拡張症
 ・びまん性汎細気管支炎
 ・肺結核
 ・自然気胸
 ・睡眠時無呼吸症候群
 ・非定型抗酸菌症
 ・呼吸不全  ・肺塞栓症
 ・サルコイドーシス(肉芽種)
 ・肺胞タンパク症  ・塵肺
 ・肺水腫 ・肺高血圧症
 ・過換気症候群

海外での感染症:いまだ感染症は存在し、事前に検疫所のHPなどで調べたりすることが大切

- 感染症の病原体の伝播経路

 

海外での感染症について

 日本人が外国へ行くとき、日本国内にない感染症にかかるのです。かかるのは若い人に多いです。以下、病原体伝播の視点から、外国で感染症を避けるポイントを説明しましょう。外国へ出かける日本人は年間約1700万人もいて、うち500万人以上は東南アジアへ旅行しています。年齢別に見ると20代男女が多く、期間は1週間程度というのが一般的です。

 若い人は、年配者にくらべて安い宿に泊まり、団体旅行を嫌がって単独行動をする傾向があるのですが、当然いろいろな危険にあう確率は高くなります。したがって、前もって旅行先国の様子を調べ、感染症に関する知識をもっておくことが必要です。事前の調査には、検疫所のホームなどが参考になります。まず、

海外での感染症

 赤痢患者の年齢別分布を見てみましょう。赤痢(セキリ)、コレラ、腸チフスは重症の感染症で、「感染症法」で二類感染症に分類され、診断した医者はただちにもよりの保健所に届け出をする義務があります。届け出報告はコンピューター入力され、全国の発生状況は国立感染症研究所、感染症情報センターで監視しています。20代の若者が国外で感染していること、男性よりも女性が多いことがわかるのです。
  赤痢にかぎらず、海外で感染するのは20代が多いのです。日本は清潔であるのですが、そうでない外国へ行って日本国内と同じ行動をすれば、現地でいろいろな感染症にかかることになります。現在、大学生への健康教育は義務とはなっていないのですが、その必要性が高まっているでしょう。

 

≫次の記事「旅行中の感染を左右する「胃酸の状態・分泌量」:旅行先の環境で胃液が薄まり病原体が活動しやすくなる」へ

◇「感染症の病原体の伝播経路」のお勧めページ◇

 ・感染症と伝播の基礎知識
   @人間と動物の違い A感染を広げる人間特有の行為
   B人間特有の伝播と遮断 Dホコリ・飛沫感染の違い

   E呼吸時の肺胞の役割と感染の仕組み

 ・ウイルス伝播のメカニズム自然界でのウイルス持続

   @空気伝播の病(水痘・麻疹) Aウイルスの性質・性格
   Bヒトウイルス伝染病の伝播・生存

 ・日本文化の清潔さ
 ・海外(途上国)での感染症蚊媒介感染症狂犬病
   @旅行者下痢症 A胃酸の状態 B生水とA型肝炎

 

 ・SARS(重症急性呼吸器症候群) ・インフルエンザ

 ・ノロウイルス ・院内感染 ・食中毒


◆介護・介助など日常生活での感染症予防について◆
介護での感染症予防の基本的な考え方
  [1]手洗い』適切な方法 [2]うがい』適切な方法
  [3]消毒薬』の活用 [4]手袋』の活用 [5]マスク』の活用

◆感染症予防についての基本的な疑問について◆
  [1]感染』とは何か?         [2]『感染』する微生物とは?
  [3]感染症の『発症』の状態とは?  [4]『感染』の過程と仕組みは?
  [5]免疫』とは何か?         [6]最も清潔なのは『無菌状態』?

風邪症候群(風邪疾患群)

◆風邪症候群(風邪疾患群)について◆
 ・風邪症候群の病気と症状
   ≫鼻かぜ(普通感冒) ≫インフルエンザ
 ・病原ウイルス別のタイプ
 ・風邪が侵す部位:多種多様の症状の起因する部位

◆呼吸器科の病気の基本◆
呼吸器科でよくある質問・疑問
 ・喫煙者(タバコ家)がかかる病気
 ・子どもがよくかかる呼吸器の病気
 ・子どもの症状の見方・捉え方

呼吸器の診察

 ・問診(症状の要点)(症状以外)
 ・聴診・打診・視診
◆呼吸器の基礎知識◆
呼吸器系全体の仕組みと機能
 ・仕組みと働き ・全体像  ・構造
 ・高齢者の呼吸器の特徴
 ・乳幼児の呼吸器の特徴

呼吸器系の各器官の働き
 ・気道の働き  ・肺胞の働き
 ・呼吸運動の働き

RSS

花粉症・鼻水
花粉症・アレルギー全般の対策や花粉症の気になる症状の対策・情報まとめサイト
hanamiju.com/kafun

喘息(ぜんそく)
風邪(かぜ)・喘息(ぜんそく)などの各病状対策や喘息の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com/zensoku

花粉症・喉痛
花粉症・花粉に係る鼻炎などの対策や花粉症の気になる症状の対策・情報まとめサイト
nodoita.com/kafun

虫歯・歯周病
歯が痛む・歯がしみるなどの症状から、虫歯・歯周病などの原因・治療法などを解説した医療サイト
hagaita.com

甲状腺の病気
甲状腺の機能異常(バセドウ病や橋本病、甲状腺のガンなど)の各種診断法や治療法、主要な症状、豆知識などをまとめた医療サイト
koujousen.net

胃十二指腸潰瘍
胃潰瘍や十二指腸潰瘍、その他の消化性の疾患などの各種診断法や治療法、主要な症状、豆知識などをまとめた医療サイト
nodoita.com
本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・