風邪と咳痰.COM
乾いた咳 痰の絡む咳 しつこく痰が絡む 色つき痰[黄・緑] 息切れ 喘鳴(ぜんめい)
喫煙者が患う病気 禁煙とタバコ 肺気腫 慢性閉塞性肺疾患(COPD) 血痰(特に喫煙者) 喘息(ぜんそく)
咳痰 > 風邪 > 風邪症候群に含まれる病気:さまざまな病因によって起こる呼吸器の急性炎症の総称 サイトマップ
 

風邪症候群の基礎知識
 ・風邪症候群の病気と症状
   @鼻かぜ(普通感冒)
   A咽頭炎    B喉頭炎
   C肺炎と細気管支炎
   D原発性非定型肺炎
   Eインフルエンザ
     ≫[1]症状 ・[2]
各型と性質

 ・病原ウイルス別のタイプ
   @インフルエンザ・パラインフル   Aアデノウイルス
   Bコクサッキー・エコー 
   Cライノウイルス
   Dコロナウイルス・その他
 ・ウイルス以外の感染性の原因
   @リッチケア
   Aマイコプラズマ
   B連鎖球菌・インフルエンザ桿菌
 ・風邪症候群の非感染性の原因
   @寒さの影響 
   A化学・アレルギー・ 
   B生活環境・精神状態の影響

 

風邪症候群の病気
 ・風邪の各症状と診断
  ・自覚症状@高熱の場合
      A中等熱・微熱の場合
      ≫体温の適切な診断法
  ・咳・痰の役割
    @咳の種類 A痰の種類
     (痰の状態からの診断
  ・喉の異常感の症状

 ・風邪ウイルスの感染・流行
   感染方法@経気道感染
         Aくしゃみでの感染
         B咳での感染
   ≫感染性に有利な条件・環境

 ・子ども・高齢者の風邪
  @風邪を引きやすい理由
  Aよく患う症状とウイルス
  B重症化させる要因
  C老年期の風邪と肺炎

 ・風邪で注意すべき合併症
  @インフルエンザ肺炎 
  A中耳炎の合併 
  B心臓病の合併
 ・おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)
 ・夏風邪アデノウイルスコクサッキーウイルス

 

◆その他の注意すべき感染症◆
 ・結核(ケッカク)
 ・疥癬(カンセン)
 ・肝炎 (ウイルス肝炎の種類
 ・MRSA(耐性黄色ブドウ球菌)
 ・食中毒
   ≫O-157(腸管出血性大腸菌)
   ≫SRSV(少型球形ウイルス)
◆注目されている感染症

 ・ノロウイルス
 ・SARS(サーズ)
 ・院内感染老人養護施設内
 ・食中毒食中毒の細菌
 ・プリオン病
 ・新型インフルエンザ
   @インフルエンザ伝播方法
   Aタミフル(抗ウイルス剤)
    ≫鳥インフルエンザウイルス ・スペイン風邪
海外(途上国)での感染症
 ・蚊媒介感染症  ・狂犬病

 

咳・痰の生じる症状
 ・咳(せき)と痰(たん)
 ・乾いた咳(痰が絡まない咳)
 ・湿った咳(痰の伴なう咳)
 ・咳失神(せきしっしん)
 ・痰が絡む
 ・黄色い痰(半透明・緑・赤色の痰)
 ・血痰(喫煙者の場合)
 ・息切れ(呼吸困難)
 ・喘鳴(ぜんめい)
 ・いびき

咳痰.COM
 

肺ガン 
風邪症候群
   @普通感冒 Aインフルエンザ
   B急性気管支炎
肺炎 ≫
定型肺炎非定型肺炎
気管支ぜんそく
間質性肺炎(肺線維症)
@薬剤性肺炎 A過敏性肺炎
膠原病肺
慢性閉塞性肺疾患(COPD)
@慢性気管支炎 A肺気腫
気管支拡張症
びまん性汎細気管支炎
肺結核
自然気胸
睡眠時無呼吸症候群
非定型抗酸菌症
呼吸不全肺塞栓症
サルコイドーシス(肉芽種)
肺胞タンパク症塵肺
肺水腫 ・肺高血圧症
過換気症候群

風邪症候群に含まれる病気:さまざまな病因によって起こる呼吸器の急性炎症の総称

- 風邪症候群の基礎知識

 

風邪症候群に含まれるさまざまな病気

 「風邪(風邪症候群)」という一言でかたづけられてしまう病気は、通常の場合は、鼻、喉(ノド)、気管、気管支までの呼吸器系の粘膜におこる急性の炎症によるさまざまな病気の総称を指し示しております。医学的に考えれば、「風邪症候群(感冒症候群)」と一括し、多種多様な病原によって生ずる病気を指しております。
 ただし、風邪症候群(風邪疾患群)に含まれる病状・病気は何かということになると、専門家の聞でも微妙に判断が異なってきます。その際には、風邪症候群(風邪疾患群)の症状から進展したものまで含めるか、あるいは感染症のものに限定するか、呼吸器のとくに上気道部分に限定するか、などが論議を呼ぶことになるのです。一般に言うと、急性の鼻炎(ビエン)、咽頭炎(イントウエン)、喉頭炎(コウトウエン)が単純で起こった場合と、それらが複合した形の急性上気道炎などが上げられるでしょう。さらには、気管支など下気道の急性炎症も含まれます。

風邪症候群の病気部位

 したがって、あらわれる症状は、「くしゃみ」・「鼻水(鼻汁)」・「鼻づまり」・「鼻出血」などの鼻炎症候、「のど(咽頭)の痛み」・「咳(セキ)」などの咽頭炎症候、「のど(喉頭)の痛み」・「咳(セキ)」・「痰(タン)」などの喉頭炎症候、「咳(セキ)」・「痰(タン)」・「胸の痛み」などの気管・気管支炎症候を主とし、これらに「発熱」・「悪寒(オカン)」・「倦怠感(ケンタンカン)」・「頭痛」・「筋肉痛」・「関節痛」・「食欲不振」・「吐き気」・「下痢(ゲリ)」などの全身症候が組み合わさったものとなります。
 こうしたことに加えて、多くの場合、下気道に含まれる肺の炎症も含めて考えられ、部位・病原・症状などの特徴を総合的にみると、広義の『風邪症候群(風邪疾患群)』を「普通感冒(鼻かぜ)」、「咽頭炎」、「喉頭炎」、「気管支炎」、「細気管支炎」・「肺炎」、「原発性非定型肺炎」、「インフルエンザ」に大別できます。
 「普通感冒(フツウカンボウ)」は鼻炎に代表され、「咽頭炎(イントウエン)」のグループには「扁桃炎(ヘントウエン)」のほか、「ヘルパンギーナ」、「咽頭結膜熱(イントウケツマクネツ)」、「手足口病(テアシクチビョウ)」などといった特殊型が含まれます。
  @鼻かぜ(普通感冒) A咽頭炎 B喉頭炎
  C肺炎と細気管支炎 D原発性非定型肺炎
  Eインフルエンザ主な症状各型と性質

  • 【参考】「ヘルパンギーナ」について
    :「ヘルペス(疱疹)」と「アンギーナ(口峡炎)」を合成したもので、「水疱性口峡炎」とも言われております。ヘルパンギーナの症状は、発熱と咽頭炎に加えて、口峡部に直径1〜2ミリメートルの白い小水庖が数個から数十個も現れることです。従来、乳幼児(生後0日からから小学校就学までの子供)に多く見られていたのですが、最近では大人にも見られるようになっています。
  • 【参考】「手足口病」について
    :症状としては、口峡部の疱疹(ホウシン)に加えて手のひらや足底にも疱疹が現れます。ロ峡部といってもヘルパンギーナより広い範囲に及び、硬口蓋、頬の粘膜、舌などにも粘膜疹が見られます。だいたいは比較的軽症に済むのですが、病原がエンテロウイルス七一型の場合は無菌性髄膜炎を合併することもあります。

 「喉頭炎」が重症化してくると「クループ(croup:声門下での上・下気道の炎症性狭窄にともなう一連の病態)」になります。下気道の炎症で恐いのは「細気管支炎」と「肺炎」であり、「原発性非定型肺炎」は肺炎とは言っても重症ではなく、病原も特殊です。全身症状がドッと重く出るインフルエンザは、世界的な流行に至ることもあります。

 そのほか、『風邪症候群(風邪疾患群)』の仲間としては、鼻かぜ(普通感冒)に下痢(ゲリ)が加わった「感冒胃腸炎」、鼻の悪い人が風邪をひいたときにおこりやすい「副鼻腔炎」、風邪に続発する「急性中耳炎」などがあります。それに加えて、「カタル性扁桃咽頭炎」、「上気道炎」、「喉頭気管炎」、「喉頭気管気管支炎」、「下気道炎」、「冬季嘔吐下痢症」、「インフルエンザ肺炎」、「インフルエンザ中耳炎」など多くの複合型があります。

  • 【参考】「さまざまなカタル」について
    :『カタル』とは、粘膜の組織破壊をおこさない滲出性の炎症のことで、鼻に起こった場合を「鼻カタル」と言います。この『カタル』の語源は、ラテン語のcatarrhusで、下に流れるという意味です。簡単に言えば、鼻水(鼻汁)のことですが、昔、鼻みずは脳から流れおりてきた分泌物と考えられていました。特に、風邪をひいたときに脳から分泌物が下に流れ出すと考えられていたことによります。ちなみに、水のような無色透明のものを「漿液性カタル」、白っぽくて多少ドロッとした感じのものを「粘液性カタル」、細菌感染がおこって不透明帯黄色のドロッとしたものを「膿性カタル」と言います。
  • 【参考】「冬季嘔吐下痢症(トウキ・オウトゲリショウ)」について
    :秋の終わり頃から冬にかけて、主に子どもに発症する「冬季嘔吐症(流行性嘔吐症)」に下痢がともなったものです。突然、吐き気と嘔吐(オウト)と下痢(ゲリ)で始まり、風邪(カゼ)の症状をともなうこともあります。経過は2〜5日間程度です。

◇「風邪症候群の基礎知識」の関連するおススメページ◇

 ・風邪が侵す部位 ・病状と抵抗力 ・重症化する場合


 ・風邪症候群の歴史と現状
  @病原研究の歴史 Aインフルエンザ病原研究
  B病原ウイルス研究の方法の歴史
  C風邪の発症の現状 D自己診断の実情

 ・風邪症候群の病原ウイルス別のタイプ
  @インフルエンザ・パラインフル・RS Aアデノ
  Bコクサッキー・エコー(腸内ウイルス) Cライノ Dコロナ

 ・風邪症候群のウイルス以外の感染性の原因
  @リッチケア Aマイコプラズマ B連鎖球菌・インフルエンザ桿菌
 ・風邪症候群の非感染性の原因
  @寒さ  A化学・アレルギー  B生活環境・精神状態

◆風邪症候群(風邪疾患群)に関して、よくある疑問◆
 ・感染・伝染・流行:風邪症候群は感染や伝染、流行など様々な言い方
 ・冬に流行する理由:流行は冬季に多くの要因がある
 ・『風邪は万病のもと』の理由:原因ウイルスが解明された今でも万病
 ・病状と抵抗力:邪ウイルスに感染しても発症しないケースも
 ・重症化する場合:様々な合併症が起こる可能性も
 ・風邪が侵す部位:多種多様の症状の起因する身体の部位は?

◆風邪症候群(風邪疾患群)の歴史と現状◆

 @風邪の流行の歴史:感染性病原による風邪の記録は紀元前から
 A病原研究の歴史:病原解明の陰には非常に多くの研究者の努力が
 Bインフルエンザによる病原研究:イタチの仲間のフェレットで実験
 C研究方法の歴史:動物実験、鶏卵培養、組織培養、器官培養など
 D風邪の発症の現状:風邪の程度・頻度で健康状態や耐性が判断可能
 E自己診断の実情:多彩な症状の風邪症候群は身近な存在

風邪症候群(風邪疾患群)

◆感染症・伝染病について◆
   @ノロウイルス
 ASARS(重症急性呼吸器症候群)
 
海外(途上国)での感染症
   @蚊媒介感染症 A狂犬病
 ・ウイルス伝播のメカニズム

◆呼吸器科の病気の基本◆
呼吸器科でよくある質問・疑問
 ・喫煙者(タバコ家)がかかる病気
 ・子どもがよくかかる呼吸器の病気
 ・子どもの症状の見方・捉え方

呼吸器の診察

 ・問診(症状の要点)(症状以外)
 ・聴診・打診・視診
◆呼吸器の基礎知識◆
呼吸器系全体の仕組みと機能
 ・仕組みと働き ・全体像  ・構造
 ・高齢者の呼吸器の特徴
 ・乳幼児の呼吸器の特徴

呼吸器系の各器官の働き
 ・気道の働き  ・肺胞の働き
 ・呼吸運動の働き

RSS

花粉症・鼻水
花粉症・アレルギー全般の対策や花粉症の気になる症状の対策・情報まとめサイト
hanamiju.com/kafun

喘息(ぜんそく)
風邪(かぜ)・喘息(ぜんそく)などの各病状対策や喘息の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com/zensoku

花粉症・喉痛
花粉症・花粉に係る鼻炎などの対策や花粉症の気になる症状の対策・情報まとめサイト
nodoita.com/kafun

虫歯・歯周病
歯が痛む・歯がしみるなどの症状から、虫歯・歯周病などの原因・治療法などを解説した医療サイト
hagaita.com

甲状腺の病気
甲状腺の機能異常(バセドウ病や橋本病、甲状腺のガンなど)の各種診断法や治療法、主要な症状、豆知識などをまとめた医療サイト
koujousen.net

胃十二指腸潰瘍
胃潰瘍や十二指腸潰瘍、その他の消化性の疾患などの各種診断法や治療法、主要な症状、豆知識などをまとめた医療サイト
nodoita.com
本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・