咳痰.COM
乾いた咳 痰の絡む咳 しつこく痰が絡む 色つき痰[黄・緑] 息切れ 喘鳴(ぜんめい)
喫煙者が患う病気 禁煙とタバコ 慢性気管支炎 肺気腫 慢性閉塞性肺疾患(COPD) 風邪症候群
咳痰 > 喘息 サイトマップ
 

喘息の症状と経過
 ・喘息の症状の特徴
  ・アトピー型と非アトピー型
   @アトピー型 A非アトピー型
  ・炎症時の気道の構造
  ・死亡症例
 ・喘息発作の特徴発作の経過

 

喘息の家庭での予防
 ・喘息コントロールテスト(ACT)
 ・喘息日記
 ・ピークフロー値
喘息の発作予防と生活での注意
 ・喘息の悪化要因
 ・喘息予防の生活環境・習慣
 ・喘息予防の食生活
 ・タバコ(喫煙)の悪影響
 ・市販の風邪薬などの悪影響
 ・喘息発作への運動の悪影響
 ・喘息発作へのストレスの悪影響
 ・成長に伴う管理の注意点
   @乳児〜幼児期の喘息管理
   A思春期の喘息管理

喘息の治療法(病状の段階別)

 ・喘息治療の基本的な進め方
 ・症状の長期管理の進め方
 ・治療目標具体的数値と方針
 ・治療方法の選択法
 ・治療薬の2つ目的と種類
 ・治療の見直し目安(タイミング)
 ・成人(15歳以上)の治療
  @軽症間欠型   A軽症持続型
  B中等症持続型 C重症持続型
 ・乳児(2歳未満)の治療
  @間欠型      A軽症持続型
  B中等症持続型 C重症持続型
 ・幼児(2〜15歳)の治療
  @間欠型      A軽症持続型
  B中等症持続型 C重症持続型
 ・喘息発作時の対処法
  @成人の発作時の対処法
  A乳幼児の発作時の対処法
 ・喘息治療に用いられる薬剤
  @吸入ステロイド薬吸入器具
  A長時間作用性β2刺激薬
  Bロイコトリエン受容体拮抗薬
  C抗アレルギー薬
  Dテオフィリン徐放製剤
  E抗コリン薬
  F抗IgE抗体製剤
  G短時間作用性β2刺激薬
  H経口ステロイド薬

 

喘息の診断と検査
 ・喘息での受診のタイミング(目安)
 ・喘息の問診のポイント
  @気道狭窄や過敏性の検査
  A酷似する病気と鑑別検査
     ≫似ている「咳喘息」の症状
  B喘息のアレルゲンの特定検査

 

咳・痰の生じる症状
 ・咳(せき)と痰(たん)
 ・乾いた咳(痰が絡まない咳)
 ・湿った咳(痰の伴なう咳)
 ・咳失神(せきしっしん)
 ・痰が絡む
 ・黄色い痰(半透明・緑・赤色の痰)
 ・血痰(喫煙者の場合)
 ・息切れ(呼吸困難)
 ・喘鳴(ぜんめい)
 ・いびき

咳痰.COM
 

 ・肺ガン @中心型 A末梢型
   ・治療法の選択方法
    @外科治療 A内的治療
   ・肺ガン患者の日常の注意点
 ・風邪症候群
    @普通感冒 Aインフルエンザ
    B急性気管支炎
   ・診断・検査法
   ・薬物療法   ・一般療法
   ・予防方法・生活上の注意
 ・肺炎
   ・肺炎の分類と原因細菌
   ・定型肺炎非定型肺炎の特徴
   ・診察・検査法   ・治療法
   ・肺炎の予防・早期対策
 ・気管支ぜんそく ・主な症状
   ・診断と検査 ・日常の注意点
   ・喘息発作の仕組み
   ・発作時の対処法 ・自己管理
 ・間質性肺炎(肺線維症)
   @薬剤性肺炎 A過敏性肺炎
   ・起こる仕組み  ・症状
   ・検査法  ・治療法
 ・膠原病肺
   ・種類 ・肺疾患の特徴
   ・膠原病肺が起こす肺の病気
   ・診断と治療
 ・慢性閉塞性肺疾患(COPD)
   @慢性気管支炎 A肺気腫
   ・症状 ・問診方法 ・検査方法
   ・治療方法
    @薬物療法 A呼吸リハビリ
    B在宅酸素療法 C手術療法
   ・生活上の注意点
 ・気管支拡張症
   ・症状と経過 ・検査と診断
   ・治療法   ・日常生活の注意
 ・びまん性汎細気管支炎
 ・肺結核
   ・患者増加と重症化の原因
   ・感染・発病する傾向の人
   ・経過:感染〜発病 ・主な症状
    @「感染」検査 A「発病」検査
   ・治療法 ・予防法と早期発見法
 ・自然気胸
  ・検査 ・内科的療法 ・手術療法
 ・睡眠時無呼吸症候群
  ・症状と経過   ・起こる仕組み
  ・検査と診断法  ・治療法
  ・日常生活の注意点
 ・非定型抗酸菌症
 ・呼吸不全  ・肺塞栓症
 ・サルコイドーシス(肉芽種)
 ・肺胞タンパク症  ・塵肺
 ・肺水腫 ・肺高血圧症
 ・過換気症候群

喘息(ゼンソク)の症状でお悩みの方へ

 数十年前の喘息(ゼンソク)の治療、特に吸入ステロイド薬が治療の中心と位置づけられる以前は、それは悲惨ともいえるものでした。治療室や待合室には殺気漂う雰囲気が充満し、異様な空気に包まれていたと言っても過言ではありませんでした。それほど、喘息(ゼンソク)の患者さんたちはつらい症状に悩まされており、治療も困難でした。実際、その頃は、診療を待っている間に、病状が急変して深刻な状態に陥る患者さんも多々おられました。そうした状況に対しても、当時の喘息医療は、あまりに無力で、命を落とされる患者さんも多くおられたのです。
 しかしながら、今や、喘息(ゼンソク)は、十分にコントロール可能な病気と言えるでしょう。吸入ステロイド薬の種類も増加して豊富になり、その吸入器もさまざまな工夫が施されるようになって、治療面の行いやすさも格段に向上したと言えるでしょう。そして、併用する薬剤も充実してきており、生物学的製剤など新たなタイプの薬剤の開発も進んでおり、重症喘息の患者さんへの対応策も非常に増えたと言えるでしょう。

 しかしながら、喘息(ゼンソク)の治療に関して、最も重要なことは、可能な限り早く、喘息発作の有無にかかわらず、吸入ステロイド薬の治療を開始して、それを十分な期間継続することです。そうすれば、多くの場合には、喘息発作を予防することが可能で、重症化を防ぐことができるのです。
 ただし、喘息(ゼンソク)という病気は、患者さんのご自宅で行う薬剤の吸入やピークフロー値の測定、喘息日記の記録づけなど、治療の中に占める、患者さんご自身の自己管理の占める割合が非常に大きい病気であると言えます。その上さらに、喘息(ゼンソク)の症状自体が他の病気と似通っていてわかりにくく、それゆえに患者さんにとっても治療法への理解が深まりにくい傾向にある病気であるとも言えます。このような点を勘案すると、患者さんと専門の担当医とが、互いに信頼し合える関係を保つことが非常に大切となってきます。そして、患者さんと専門の担当医とで、互いに必要な情報を分かち合いながら、患者さんとしての要望を医師に、医師としての判断やアドバイスを率直に伝えあっていくコミュニケーションがとても重要で、必要不可欠のものとなります。
 当サイトでは、上記のような考えに沿って、喘息(ゼンソク)という病気自体もさることながら、喘息ガイドラインに基づく治療の手順、自己管理や喘息患者の生活上の注意事項など、病気に関しての知識と絡めて、可能な限りわかりやすくまとめました。当然のことながら、これは患者さんと医師とのコミュニケーション上、必要であろう役立つであろう知識という点を主眼においてまとめたつもりです。
 喘息と毎日つきあって苦しんでおられる患者さんにとって、少しでも役に立ち、喘息発作の軽減や気道の安定につながって、患者さんが何の制限もない本来の人生をお送りいただける一助にでもなれば幸いです。

 また、当サイトは、呼吸器科の関連する病気に関しても丁寧に解説をまとめているので、よろしければご利用ください。特に、サイトのトップ(上部)にあるメニューの症状「乾いた咳」「痰(痰唾)の絡む咳」「しつこく痰が絡む」「色付きの痰(黄・緑)」「息切れ(呼吸困難)」「喘鳴(ゼンメイ)」といった症状に心当たりがある場合や、周囲の方にこうした症状が見られる場合には、リンク先のページにある各病気の可能性もありますので、念のため確認して病院へ行かれることをお勧めします。

 肺などの呼吸器は、腎臓(ジンゾウ)などと並んで、老化の影響が現れやすい臓器です。誰でも年をとるにつれ、少しずつ肺の働きが低下していくのは避けられません。その上、喫煙(タバコ)で肺を痛めつけたり、病気を持っていたりすれば、それが加速してしまうのです。これから、さらに人口の高齢化が進むと、呼吸器の病気は今にも増していくものと考えられるでしょう。

 しかしながら、病気への取り組みを医師任せにしているばかりでは、患者さんにとって一番良い方法を考えられるとは限りません。初期の症状や病気の仕組みを理解し、いかに予防するか、いかに早く発見して治療するかを、患者さんにも知って頂き、医療に積極的に向き合う心構えを持っていただきたいと思います。
本サイトが、患者さん自身が自分の身を守る知恵として役立てて頂けたら幸いです。

呼吸器の仕組みと働きについて

 「呼吸」は、肺だけでなく、鼻や口から肺に至る「気道」、肺を取り巻く「胸郭(キョウカク)」、呼吸運動を担う「筋肉」などによって支えられています。呼吸器の病気を理解するために、まずは、こうした呼吸器系の仕組みと働きを理解していく必要があります。
咳(セキ)や痰(タン)など、さまざまな呼吸器症状は、そこに異常が生じたことを知らせるサインです。お年寄りや子供では、異常の起こり方、症状の現れ方にも特徴がありますので、それも理解する必要があります。

呼吸器の検査方法について

 病気を正しく理解するには、診察や検査が必要になります。正確な診断のためには、患者さん自身も、行われる検査の内容や、検査の目的、注意点を、正しく理解しておく必要があります。

呼吸器のセルフケアについて

 呼吸器の病気のなかには、治療に長い経過をたどるもの、また、完治することなく、病気と付き合い続けることになるものも少なくありません。病気をうまくコントロールしていくためには、患者さん自身が生活の中で行う治療も欠かすことはできません。病気があっても、より良い状態で暮らしていけるように、ふだんの生活を工夫してみましょう。

◆喘息や喘息発作に関して、よくある疑問や質問◆
 ・なぜ喘息発作が起こっていない時にも薬物療法が必要なの?
 ・喘息の遺伝性や妊娠の病状への影響はあるの?
 ・職場の環境に原因がある喘息の場合は転職するしかないのか?
 ・痰(痰唾)を排出しやすい姿勢とは?体位ドレナージとは?
 ・喘息に対する腹式呼吸(横隔膜呼吸)の有効性は?
 ・喘息の子どもが小学校入学に向けての準備は?
 ・喘息の子どもに林間学校などの宿泊学習はさせても大丈夫か?
◆咳・痰の生じる症状◆
 ・咳(せき)と痰(たん)
 ・乾いた咳(痰が絡まない咳)
 ・湿った咳(痰の伴なう咳)
 ・咳失神(せきしっしん)
 ・痰が絡む
 ・黄色い痰(半透明・緑・赤色の痰)
 ・血痰(喫煙者の場合)
 ・息切れ(呼吸困難)
 ・喘鳴(ぜんめい)
 ・いびき

◆呼吸器科の病気の基本◆

呼吸器科でよくある質問・疑問
 ・喫煙者(タバコ家)がかかる病気
 ・子どもがよくかかる呼吸器の病気
 ・子どもの症状の見方・捉え方
呼吸器の診察
 ・問診(症状の要点)(症状以外)
 ・聴診・打診・視診


◆呼吸器の基礎知識◆
呼吸器系全体の仕組みと機能
 ・仕組みと働き ・全体像  ・構造
 ・高齢者の呼吸器の特徴
 ・乳幼児の呼吸器の特徴
呼吸器系の各器官の働き
 ・気道の働き  ・肺胞の働き
 ・呼吸運動の働き
呼吸器の検査法◆
 ・画像診断

  @エックス線撮影検査
   >>検査方法 >>撮影の注意点
  ACT検査   BMRI検査
  Cシンチグラフィー検査
  DPET(ポジトロンCT)検査


 ・肺機能検査

  @肺活量検査 A残気量検査
  B動脈血ガス C肺拡散能検査

 ・喀痰検査

 ・内視鏡検査
  @胸腔鏡検査 A気管支鏡検査
 ・血液検査
 ・胸水検査・肺生検

◆呼吸器の家庭・生活療法
 ・正しい薬剤の吸入方法

 ・呼吸リハビリテーション
   ・ リラクセーション
   ・腹式呼吸・横隔膜呼吸
   ・排痰法   ・運動療法

 ・在宅酸素療法
   ≫在宅酸素療法の行い方
 ・在宅人工呼吸療法

RSS

花粉症・鼻水
花粉症・アレルギー全般の対策や花粉症の気になる症状の対策・情報まとめサイト
hanamiju.com/kafun

喘息(ぜんそく)
風邪(かぜ)・喘息(ぜんそく)などの各病状対策や喘息の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com/zensoku

花粉症・喉痛
花粉症・花粉に係る鼻炎などの対策 や花粉症の気になる症状の対策・情報まとめサイト
nodoita.com/kafun
本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・