咳痰.COM
乾いた咳 痰の絡む咳 しつこく痰が絡む 色つき痰[黄・緑] 息切れ 喘鳴(ぜんめい)
喫煙者が患う病気 禁煙とタバコ 慢性気管支炎 肺気腫 慢性閉塞性肺疾患(COPD) 風邪症候群
咳痰 > 喘息 > 幼児(満2歳から15歳までの子供)喘息の治療ステップ3「中等症持続型」 サイトマップ
 

喘息の症状と経過
 ・喘息の症状の特徴
  ・アトピー型と非アトピー型
   @アトピー型 A非アトピー型
  ・炎症時の気道の構造
  ・死亡症例
 ・喘息発作の特徴発作の経過

 

喘息の家庭での予防
 ・喘息コントロールテスト(ACT)
 ・喘息日記
 ・ピークフロー値
喘息の発作予防と生活での注意
 ・喘息の悪化要因
 ・喘息予防の生活環境・習慣
 ・喘息予防の食生活
 ・タバコ(喫煙)の悪影響
 ・市販の風邪薬などの悪影響
 ・喘息発作への運動の悪影響
 ・喘息発作へのストレスの悪影響
 ・成長に伴う管理の注意点
   @乳児〜幼児期の喘息管理
   A思春期の喘息管理

喘息の治療法(病状の段階別)

 ・喘息治療の基本的な進め方
 ・症状の長期管理の進め方
 ・治療目標具体的数値と方針
 ・治療方法の選択法
 ・治療薬の2つ目的と種類
 ・治療の見直し目安(タイミング)
 ・成人(15歳以上)の治療
  @軽症間欠型   A軽症持続型
  B中等症持続型 C重症持続型
 ・乳児(2歳未満)の治療
  @間欠型      A軽症持続型
  B中等症持続型 C重症持続型
 ・幼児(2〜15歳)の治療
  @間欠型      A軽症持続型
  B中等症持続型 C重症持続型
 ・喘息発作時の対処法
  @成人の発作時の対処法
  A乳幼児の発作時の対処法
 ・喘息治療に用いられる薬剤
  @吸入ステロイド薬吸入器具
  A長時間作用性β2刺激薬
  Bロイコトリエン受容体拮抗薬
  C抗アレルギー薬
  Dテオフィリン徐放製剤
  E抗コリン薬
  F抗IgE抗体製剤
  G短時間作用性β2刺激薬
  H経口ステロイド薬

 

喘息の診断と検査
 ・喘息での受診のタイミング(目安)
 ・喘息の問診のポイント
  @気道狭窄や過敏性の検査
  A酷似する病気と鑑別検査
     ≫似ている「咳喘息」の症状
  B喘息のアレルゲンの特定検査

 

咳・痰の生じる症状
 ・咳(せき)と痰(たん)
 ・乾いた咳(痰が絡まない咳)
 ・湿った咳(痰の伴なう咳)
 ・咳失神(せきしっしん)
 ・痰が絡む
 ・黄色い痰(半透明・緑・赤色の痰)
 ・血痰(喫煙者の場合)
 ・息切れ(呼吸困難)
 ・喘鳴(ぜんめい)
 ・いびき

咳痰.COM
 

 ・肺ガン @中心型 A末梢型
   ・治療法の選択方法
    @外科治療 A内的治療
   ・肺ガン患者の日常の注意点
 ・風邪症候群
    @普通感冒 Aインフルエンザ
    B急性気管支炎
   ・診断・検査法
   ・薬物療法   ・一般療法
   ・予防方法・生活上の注意
 ・肺炎
   ・肺炎の分類と原因細菌
   ・定型肺炎非定型肺炎の特徴
   ・診察・検査法   ・治療法
   ・肺炎の予防・早期対策
 ・気管支ぜんそく ・主な症状
   ・診断と検査 ・日常の注意点
   ・喘息発作の仕組み
   ・発作時の対処法 ・自己管理
 ・間質性肺炎(肺線維症)
   @薬剤性肺炎 A過敏性肺炎
   ・起こる仕組み  ・症状
   ・検査法  ・治療法
 ・膠原病肺
   ・種類 ・肺疾患の特徴
   ・膠原病肺が起こす肺の病気
   ・診断と治療
 ・慢性閉塞性肺疾患(COPD)
   @慢性気管支炎 A肺気腫
   ・症状 ・問診方法 ・検査方法
   ・治療方法
    @薬物療法 A呼吸リハビリ
    B在宅酸素療法 C手術療法
   ・生活上の注意点
 ・気管支拡張症
   ・症状と経過 ・検査と診断
   ・治療法   ・日常生活の注意
 ・びまん性汎細気管支炎
 ・肺結核
   ・患者増加と重症化の原因
   ・感染・発病する傾向の人
   ・経過:感染〜発病 ・主な症状
    @「感染」検査 A「発病」検査
   ・治療法 ・予防法と早期発見法
 ・自然気胸
  ・検査 ・内科的療法 ・手術療法
 ・睡眠時無呼吸症候群
  ・症状と経過   ・起こる仕組み
  ・検査と診断法  ・治療法
  ・日常生活の注意点
 ・非定型抗酸菌症
 ・呼吸不全  ・肺塞栓症
 ・サルコイドーシス(肉芽種)
 ・肺胞タンパク症  ・塵肺
 ・肺水腫 ・肺高血圧症
 ・過換気症候群

幼児(満2歳から15歳までの子供)喘息の治療ステップ3「中等症持続型」

- 喘息の治療法(病状の段階別)

喘息と咳(セキ)と痰(痰唾)

≪前ページ「幼児(満2歳から15歳までの子供)喘息の治療ステップ2「軽症持続型」」へ

幼児(満2歳から15歳までの子供)喘息の治療ステップ3「中等症持続型」

治療ステップ3「中等症持続型」の症状の特徴

  • 咳(セキ)や軽い喘鳴(ゼンメイ)が週1回以上起こるが継続して毎日起こることはない
  • 喘息の中あるいは大発作が起こり、日常生活に支障がでることがよくある

 乳児(満2歳から15歳までの子供)の喘息(ゼンソク)の治療ステップ3である「中等症持続型」では、「吸入ステロイド薬(フルタイドあるいはキュバールなど)」が基本治療薬となります。6〜15歳の場合には、1日当たり100〜200マイクログラム、2〜5歳の場合では1日当たり100〜150マイクログラムを、朝と夜の2回に分けて吸入します。2〜5歳でこの吸入が上手くできない場合には、「パルミコート(吸入液1日当たり0.5ミリグラム)を1日1回あるいは2回に分けて、ネブライザー(薬剤の経口吸入器具)で吸入します。
 また、「吸入ステロイド薬」だけでは十分に喘息(ゼンソク)の症状をコントロールできない場合などは、「ロイコトリエン受容体拮抗薬(経口薬:口から摂取するタイプの薬剤)」、「メディエーター遊離抑制薬」の「インタール」などの吸入薬(薬を霧状に噴出し、口から吸い込み気管支や肺に作用させる薬剤)、「テオフィリン徐放製剤(経口薬)」、「長時間作用性β2刺激薬(吸入薬、貼り薬、経口薬)」のいずれかを追加治療として併用します。喘息(ゼンソク)の症状によっては、いくつかの薬剤を併用することもあります。

 そして、「長時間作用性β2刺激薬」を用いた場合には、喘息(ゼンソク)の症状が落ち着いた時点で中止するのが原則となります。6〜15歳の場合には、「長時間作用性β2刺激薬」と「吸入ステロイド薬」の合剤を用いることもありますが、その場合も同様です。ただ、「長時間作用性β2刺激薬」を併用しないと、いつまでも喘息発作がコントロールできない状態であれば、基本治療の段階を治療ステップ4「重症持続型」へステップアップさせる検討も必要となってくるでしょう。
 ステップ3「中等症持続型」の治療によって、喘息(ゼンソク)の症状が治まって、喘息発作の無い状態が3か月以上継続すれば、治療ステップ2「軽症持続型」へのステップダウンを検討していきます。追加治療を行っている場合には、その薬剤の減量や中止から始めます。「吸入ステロイド薬」のみを継続して、さらに数か月、喘息(ゼンソク)の症状や喘息発作がない状態が保たれれば、薬剤の吸入量を減量していきます。喘息(ゼンソク)の症状をコントロールできる最少量で吸入を継続して、6カ月〜1年間程度で喘息発作が起こらず、正常な呼吸機能で安定していれば、「吸入ステロイド薬」を中止します。

 

治療ステップ3「中等症持続型」からの治療ステップダウン

 この治療ステップ3の治療内容を、1〜3か月程度継続して、喘息(ゼンソク)の症状がどの程度コントロールされていたかを確認します。喘息(ゼンソク)の症状のコントロール状態が良好であるならば、そのまま治療を継続して、1〜3か月ごとにコントロール状態を確認しながら治療していきます。そして、3〜6か月後には、良好な状態が保たれていれば、慎重に治療段階の「ステップ2軽症持続型」あるいは「ステップ1軽症間欠型」へのステップダウンを検討するのです。
 喘息(ゼンソク)の症状のあるときも無い時も、それなりにピークフロー値(できるだけ早く息を吐き出した時の息の流速を測った値)の測定や喘息日記(喘息発作の状態や症状、治療の状況など記入し喘息管理に役立てる日記)の役割の果たすことは重要ですから、毎日の記録を継続することを心がけましょう。
 この治療ステップ3の「中等症持続型」の克服は、かなりの期間が必要となりますから、根気よく治療を継続して、順次治療の段階をステップダウンしていき、気道が非常に良い状態で保たれていると判断することができれば、長期管理薬(コントローラー:気道の炎症を鎮めて喘息発作を起こさないようにするための薬剤)を中止することも検討します。

治療ステップ3「中等症持続型」からの治療ステップアップ

 喘息(ゼンソク)の症状が治まらない場合や、喘息発作の回数が思うように減らない場合、ピークフロー値(できるだけ早く息を吐き出した時の息の流速を測った値)の改善も見られない場合などの、症状のコントロール状態が不十分、あるいは不良であると判断されれば、治療段階を「ステップ4重症持続型」にステップアップさせざるを得ません。しかしながら、この治療の効果が思うように見られない背景には、定められた治療内容が適切に行われていない可能性もあります。このような点を勘案すると、患者さんご自身に必要な治療薬や、薬剤の吸入方法、それぞれの薬剤の使用量や回数、服用のタイミングなどを改めて確認することも重要となるでしょう。そして、その上で、次の治療ステップへのステップアップの必要性を検討するのです。
 こうしたことに加えて、治療ステップ3の内容は、専門の担当医よって、患者さんごとに最小限の薬剤で最大限の効果を得られるような組み合わせをとっているはずです。だから、患者さんの自己判断で、ある薬剤を増量したり、あるいは減量したりしますと、治療全体の調和(バランス)がとれなくなってしまい、副作用が大きく現れるようになったり、本来の作用が減じて使用する量を増やしてしまったりして、薬剤が持つ本来の効果を生かせなくなってしまいます。喘息(ゼンソク)という病気は自己管理が非常に重要な病気ですが、それは当然のことながら、薬剤や治療方針を患者さんが自分で勝手に判断するという意味ではありません。自己による管理が重要であるからこそ、専門的な判断が必要なことに関しては、専門の担当医とよく話し合って、患者さんご自身の裁量にしてもよい薬剤に関しては、その条件や目安などを正確に理解しておくようにする必要があることを深く認識しておく必要があるでしょう。

 

≫次の記事「幼児(満2歳から15歳までの子供)喘息の治療ステップ4「重症持続型」」へ

◇「喘息の治療法(病状の段階別)」の関連ページ◇

◆喘息や喘息発作に関して、よくある疑問や質問◆
 ・なぜ喘息発作が起こっていない時にも薬物療法が必要なの?
 ・喘息の遺伝性や妊娠の病状への影響はあるの?
 ・職場の環境に原因がある喘息の場合は転職するしかないのか?
 ・痰(痰唾)を排出しやすい姿勢とは?体位ドレナージとは?
 ・喘息に対する腹式呼吸(横隔膜呼吸)の有効性は?
 ・喘息の子どもが小学校入学に向けての準備は?
 ・喘息の子どもに林間学校などの宿泊学習はさせても大丈夫か?
◆咳・痰の生じる症状◆
 ・咳(せき)と痰(たん)
 ・乾いた咳(痰が絡まない咳)
 ・湿った咳(痰の伴なう咳)
 ・咳失神(せきしっしん)
 ・痰が絡む
 ・黄色い痰(半透明・緑・赤色の痰)
 ・血痰(喫煙者の場合)
 ・息切れ(呼吸困難)
 ・喘鳴(ぜんめい)
 ・いびき

◆呼吸器科の病気の基本◆

呼吸器科でよくある質問・疑問
 ・喫煙者(タバコ家)がかかる病気
 ・子どもがよくかかる呼吸器の病気
 ・子どもの症状の見方・捉え方
呼吸器の診察
 ・問診(症状の要点)(症状以外)
 ・聴診・打診・視診


◆呼吸器の基礎知識◆
呼吸器系全体の仕組みと機能
 ・仕組みと働き ・全体像  ・構造
 ・高齢者の呼吸器の特徴
 ・乳幼児の呼吸器の特徴
呼吸器系の各器官の働き
 ・気道の働き  ・肺胞の働き
 ・呼吸運動の働き
呼吸器の検査法◆
 ・画像診断

  @エックス線撮影検査
   >>検査方法 >>撮影の注意点
  ACT検査   BMRI検査
  Cシンチグラフィー検査
  DPET(ポジトロンCT)検査


 ・肺機能検査

  @肺活量検査 A残気量検査
  B動脈血ガス C肺拡散能検査

 ・喀痰検査

 ・内視鏡検査
  @胸腔鏡検査 A気管支鏡検査
 ・血液検査
 ・胸水検査・肺生検

◆呼吸器の家庭・生活療法
 ・正しい薬剤の吸入方法

 ・呼吸リハビリテーション
   ・ リラクセーション
   ・腹式呼吸・横隔膜呼吸
   ・排痰法   ・運動療法

 ・在宅酸素療法
   ≫在宅酸素療法の行い方
 ・在宅人工呼吸療法

RSS

花粉症・鼻水
花粉症・アレルギー全般の対策や花粉症の気になる症状の対策・情報まとめサイト
hanamiju.com/kafun

喘息(ぜんそく)
風邪(かぜ)・喘息(ぜんそく)などの各病状対策や喘息の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com/zensoku

花粉症・喉痛
花粉症・花粉に係る鼻炎などの対策 や花粉症の気になる症状の対策・情報まとめサイト
nodoita.com/kafun
本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・