咳痰.COM
乾いた咳 痰の絡む咳 しつこく痰が絡む 色つき痰[黄・緑] 息切れ 喘鳴(ぜんめい)
喫煙者が患う病気 禁煙とタバコ 慢性気管支炎 肺気腫 慢性閉塞性肺疾患(COPD) 風邪症候群
咳痰 > 喘息 > ピークフロー値:主に太い気道の閉塞状態や肺機能(呼吸機能)の状態を見る サイトマップ
 

喘息の症状と経過
 ・喘息の症状の特徴
  ・アトピー型と非アトピー型
   @アトピー型 A非アトピー型
  ・炎症時の気道の構造
  ・死亡症例
 ・喘息発作の特徴発作の経過

 

喘息の家庭での予防
 ・喘息コントロールテスト(ACT)
 ・喘息日記
 ・ピークフロー値
喘息の発作予防と生活での注意
 ・喘息の悪化要因
 ・喘息予防の生活環境・習慣
 ・喘息予防の食生活
 ・タバコ(喫煙)の悪影響
 ・市販の風邪薬などの悪影響
 ・喘息発作への運動の悪影響
 ・喘息発作へのストレスの悪影響
 ・成長に伴う管理の注意点
   @乳児〜幼児期の喘息管理
   A思春期の喘息管理

喘息の治療法(病状の段階別)

 ・喘息治療の基本的な進め方
 ・症状の長期管理の進め方
 ・治療目標具体的数値と方針
 ・治療方法の選択法
 ・治療薬の2つ目的と種類
 ・治療の見直し目安(タイミング)
 ・成人(15歳以上)の治療
  @軽症間欠型   A軽症持続型
  B中等症持続型 C重症持続型
 ・乳児(2歳未満)の治療
  @間欠型      A軽症持続型
  B中等症持続型 C重症持続型
 ・幼児(2〜15歳)の治療
  @間欠型      A軽症持続型
  B中等症持続型 C重症持続型
 ・喘息発作時の対処法
  @成人の発作時の対処法
  A乳幼児の発作時の対処法
 ・喘息治療に用いられる薬剤
  @吸入ステロイド薬吸入器具
  A長時間作用性β2刺激薬
  Bロイコトリエン受容体拮抗薬
  C抗アレルギー薬
  Dテオフィリン徐放製剤
  E抗コリン薬
  F抗IgE抗体製剤
  G短時間作用性β2刺激薬
  H経口ステロイド薬

 

喘息の診断と検査
 ・喘息での受診のタイミング(目安)
 ・喘息の問診のポイント
  @気道狭窄や過敏性の検査
  A酷似する病気と鑑別検査
     ≫似ている「咳喘息」の症状
  B喘息のアレルゲンの特定検査

 

咳・痰の生じる症状
 ・咳(せき)と痰(たん)
 ・乾いた咳(痰が絡まない咳)
 ・湿った咳(痰の伴なう咳)
 ・咳失神(せきしっしん)
 ・痰が絡む
 ・黄色い痰(半透明・緑・赤色の痰)
 ・血痰(喫煙者の場合)
 ・息切れ(呼吸困難)
 ・喘鳴(ぜんめい)
 ・いびき

咳痰.COM
 

 ・肺ガン @中心型 A末梢型
   ・治療法の選択方法
    @外科治療 A内的治療
   ・肺ガン患者の日常の注意点
 ・風邪症候群
    @普通感冒 Aインフルエンザ
    B急性気管支炎
   ・診断・検査法
   ・薬物療法   ・一般療法
   ・予防方法・生活上の注意
 ・肺炎
   ・肺炎の分類と原因細菌
   ・定型肺炎非定型肺炎の特徴
   ・診察・検査法   ・治療法
   ・肺炎の予防・早期対策
 ・気管支ぜんそく ・主な症状
   ・診断と検査 ・日常の注意点
   ・喘息発作の仕組み
   ・発作時の対処法 ・自己管理
 ・間質性肺炎(肺線維症)
   @薬剤性肺炎 A過敏性肺炎
   ・起こる仕組み  ・症状
   ・検査法  ・治療法
 ・膠原病肺
   ・種類 ・肺疾患の特徴
   ・膠原病肺が起こす肺の病気
   ・診断と治療
 ・慢性閉塞性肺疾患(COPD)
   @慢性気管支炎 A肺気腫
   ・症状 ・問診方法 ・検査方法
   ・治療方法
    @薬物療法 A呼吸リハビリ
    B在宅酸素療法 C手術療法
   ・生活上の注意点
 ・気管支拡張症
   ・症状と経過 ・検査と診断
   ・治療法   ・日常生活の注意
 ・びまん性汎細気管支炎
 ・肺結核
   ・患者増加と重症化の原因
   ・感染・発病する傾向の人
   ・経過:感染〜発病 ・主な症状
    @「感染」検査 A「発病」検査
   ・治療法 ・予防法と早期発見法
 ・自然気胸
  ・検査 ・内科的療法 ・手術療法
 ・睡眠時無呼吸症候群
  ・症状と経過   ・起こる仕組み
  ・検査と診断法  ・治療法
  ・日常生活の注意点
 ・非定型抗酸菌症
 ・呼吸不全  ・肺塞栓症
 ・サルコイドーシス(肉芽種)
 ・肺胞タンパク症  ・塵肺
 ・肺水腫 ・肺高血圧症
 ・過換気症候群

ピークフロー値:主に太い気道の閉塞状態や肺機能(呼吸機能)の状態を見る

- 喘息の発作予防と生活での注意

ピークフロー値:主に太い気道の閉塞状態や肺機能(呼吸機能)の状態を見る - 喘息と咳痰.COM

ピークフロー値に関して

 喘息(ゼンソク)の発作の直接的な原因は、気道が狭まったことによる肺機能(呼吸機能)の低下にあります。ようするに、空気の通り道が狭まってしまうことで、呼吸によって出入りする空気の通りが悪くなり、酸素が不足して息苦しさが生じてきます。だから、空気の通り道の狭まりの程度を知ることができるならば、喘息発作が引き起こることが事前にある程度予測することが可能で、早め早めの備え・対応が可能となります。
 気道の狭まり具合は、吐き出す空気の量をもとに評価・判断しますが、各医療機関においては、スパイロメーターという装置を用いて、「努力性肺活量(可能な限り息を吸い込んで、その後可能な限り速く一気に吐き出した時の空気の量)」と「1秒量(可能な限り息を吸い込んで、その後可能な限り速く一気に吐き出した時に、最初の1秒間に吐き出される空気の量)」を測定して、それらの値から気道の狭まり具合を示す「1秒率(「1秒量」が、「努力性肺活量」の全体の何%にあたるのかを割り出したもの)」を割り出します。そして、その「1秒率」を喘息発作の起こる目安とするわけです。

 しかしながら、残念なことに、専門の担当医が外来で診察することができるのは、通常、およそ9時から17時ごろの時間帯に限定されます。この時間帯は、一般的に気道の狭窄(キョウサク)が起こりにくく、呼吸は安定しています。喘息(ゼンソク)の発作は、明け方(4時ごろ)か夜中(23時ごろ)に起こりやすいと言われておりますが、その時間帯の喘息(ゼンソク)の症状に関しての情報を専門の担当医が直接手に入れることは困難で、患者さんからの情報に頼るしかありません。
 そこで、患者さんがご自宅で手軽に空気の通り具合を調べることができるように開発されたのが、ピークフローメーターという器具です。ピークフロー値とは、可能な限り深く息を吸い込んだ後で、出来るだけ素早く力いっぱい吐き出した息の強さ(流速、リットル/分)のことです。ピークフロー値が低いほど気道が狭まって肺機能(呼吸機能)が低下しており、喘息発作の危険性が高まっていると言えます。

気道

 ピークフロー値は、喘息(ゼンソク)の自覚症状が現れるよりも前に低下することが多いため、この値を記録して、変化を把握していれば、喘息発作を未然に予防するのに役立ちますし、どのようなときに低い値になるのかが判明すれば、喘息発作の要因を見つけることが可能です。これ加え、併用している薬剤が適切に聞いているか否かを確かめる目安にもなるのです。
 そして、乳児(一歳に満たない子供)などではかなり難しいのですが、ピークフローメーターの扱いは比較的簡単なので、一般的に5〜6歳くらいから測定することが可能になります。しかしながら、健康な子どもの場合でも、1日のうちの変動率(日内変動)が比較的大きい場合があり、その子どもごとの変動のパターンなどを考慮し、喘息発作の管理に活用していく必要があるのです。また、ピークフローメーターを使い始める際には、専門の担当医とよく相談のうえで行うようにしましょう。

ピークフロー値の測定方法

  1. ピークフローメーターのメーターの目盛りをゼロにする。メーターは水平に、針や吹き口に指が触れないように持つ。
  2. 立って片手でピークフローメーターを持ち、大きく息を吸い込む(喘息発作で立てない場合には座って測定して姿勢を記録しておく)
  3. 吹き口の周囲を唇(クチビル)でしっかり覆って、力いっぱい一気に息を吐き出す
  4. 目盛りを読み取って、さらに1〜2回測定して、もっとも高い数値を記録する

 

≫次の記事「ピークフロー値を測る上での注意点:同じ時刻、同じ姿勢、目標値など」へ

◇「喘息の発作予防と生活での注意」の関連ページ◇

◆喘息や喘息発作に関して、よくある疑問や質問◆
 ・なぜ喘息発作が起こっていない時にも薬物療法が必要なの?
 ・喘息の遺伝性や妊娠の病状への影響はあるの?
 ・職場の環境に原因がある喘息の場合は転職するしかないのか?
 ・痰(痰唾)を排出しやすい姿勢とは?体位ドレナージとは?
 ・喘息に対する腹式呼吸(横隔膜呼吸)の有効性は?
 ・喘息の子どもが小学校入学に向けての準備は?
 ・喘息の子どもに林間学校などの宿泊学習はさせても大丈夫か?
◆咳・痰の生じる症状◆
 ・咳(せき)と痰(たん)
 ・乾いた咳(痰が絡まない咳)
 ・湿った咳(痰の伴なう咳)
 ・咳失神(せきしっしん)
 ・痰が絡む
 ・黄色い痰(半透明・緑・赤色の痰)
 ・血痰(喫煙者の場合)
 ・息切れ(呼吸困難)
 ・喘鳴(ぜんめい)
 ・いびき

◆呼吸器科の病気の基本◆

呼吸器科でよくある質問・疑問
 ・喫煙者(タバコ家)がかかる病気
 ・子どもがよくかかる呼吸器の病気
 ・子どもの症状の見方・捉え方
呼吸器の診察
 ・問診(症状の要点)(症状以外)
 ・聴診・打診・視診


◆呼吸器の基礎知識◆
呼吸器系全体の仕組みと機能
 ・仕組みと働き ・全体像  ・構造
 ・高齢者の呼吸器の特徴
 ・乳幼児の呼吸器の特徴
呼吸器系の各器官の働き
 ・気道の働き  ・肺胞の働き
 ・呼吸運動の働き
呼吸器の検査法◆
 ・画像診断

  @エックス線撮影検査
   >>検査方法 >>撮影の注意点
  ACT検査   BMRI検査
  Cシンチグラフィー検査
  DPET(ポジトロンCT)検査


 ・肺機能検査

  @肺活量検査 A残気量検査
  B動脈血ガス C肺拡散能検査

 ・喀痰検査

 ・内視鏡検査
  @胸腔鏡検査 A気管支鏡検査
 ・血液検査
 ・胸水検査・肺生検

◆呼吸器の家庭・生活療法
 ・正しい薬剤の吸入方法

 ・呼吸リハビリテーション
   ・ リラクセーション
   ・腹式呼吸・横隔膜呼吸
   ・排痰法   ・運動療法

 ・在宅酸素療法
   ≫在宅酸素療法の行い方
 ・在宅人工呼吸療法

RSS

花粉症・鼻水
花粉症・アレルギー全般の対策や花粉症の気になる症状の対策・情報まとめサイト
hanamiju.com/kafun

喘息(ぜんそく)
風邪(かぜ)・喘息(ぜんそく)などの各病状対策や喘息の気になる症状の対策まとめサイト
nodoita.com/zensoku

花粉症・喉痛
花粉症・花粉に係る鼻炎などの対策 や花粉症の気になる症状の対策・情報まとめサイト
nodoita.com/kafun
本サイトのご利用について 参照文献・論文・サイト一覧
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・